買取されたダイヤモンドは、どうなるの?

3月 21st, 2015 - 

ダイヤモンドの買取業者は、お客様からダイヤモンドを仕入れた後、どのように扱っているのでしょうか。

買取されたダイヤモンドは、業者によってどのように扱うかがわかってきます。

大手の業者に最近増えて生きている方法は、中国やインドなど、経済の成長が著しい国に輸出するというものです。

中国やインドの経済成長によって、大粒のダイヤモンドは海外へ流れていってしまう傾向があり、東京の御徒町をはじめとした業者オークションにかけられるダイヤモンドの多くは、海外へ輸出されるようになりました。

続いての方法は、買取店が商品として再販売をするというものです。

販売価格は、宝石店や百貨店の半額ほどの価格となっているので、お客さんから見ると、ダイヤモンドの買取店が行なっているダイヤモンド販売というのは、注目すべきものとなっています。

ダイヤモンドには、新品や中古という概念が当てはまらないので、買取店が行なっているダイヤモンド販売というのは、とても大切なルートなのです。

その他、買取されたダイヤモンドを卸売業者がさらに買取、国内市場で流通するというルートもあります。

再販売される場合は、再び加工され、新作ジュエリーとなることがほとんどです。

自分の手を離れていったダイヤモンドたちも、新たな買い手のもとで、再び活躍し、身につける人たちを輝かせることができるものとなりますので、事情によってダイヤモンドを買取してもらって手放すという方も、安心して手放せるようになるでしょう。

Comments are closed.